・縦長の印象に加え頬がこけています。この場合、足し算の骨格調整をし、バングと頬横に丸みを加え立体感を出します。長く間延びした髪を切ったり巻いたりしてウエイトの位置を上げる事により、シルエットがコンパクトになりハッピー感と同時にバランスの良い小顔を演出する事が出来ます。


・癖で分かれがちな前髪を深めにつくってあげることで分かれにくく。面長な印象ですが分け目をはっきりつけないようにして、サイドにボリュームが出るように巻くことで、可愛らしい雰囲気に!


・縦長に見えがちな面長さん。前髪を目の上で作ることで肌面積が減り小顔に。

頬のくぼみのレイヤーで骨格補正、首元にカールを入れてフェミニンな雰囲気に。


・横幅に対して縦の比率がやや広めで顔が長く見えてしまう。

バングをアーチ状にすることで骨格矯正。目と目の感覚を狭めに見せることが出来る為小顔効果も期待できる。