・ベース型のお顔立ち、頬骨がやや張り気味で高い位置にあります。この場合、お顔の余白を減らす事と目線を散らばす重ね技で小顔を演出します。cheekゾーンの包み込む毛で頬骨をカバーしシェーディング効果でほっそりフェイスラインにします。さらにエラの横に落ちる毛を跳ねさせる事で目線が中央に行き小顔になれます。


・目横から頬骨のあたりまで包み込むようにサイドバングをつくることにより、しっかりした骨格を優しく見せます。前髪、外ハネヘアで軽さを出し暗髪でも重くならない印象に。


・輪郭を覆わず、毛先をあえてはねさせることで目線が外へいき輪郭が目立ちにくくなる。

透け感のあるアシンメトリーの前髪と頬骨のレイヤーで縦長のラインをつくって、四角くみえる顔立ちをすっきり小顔にみせる。


・顔の縦幅に対して、横幅が長めで平坦顔に見えてしまう。額が狭く四角く見えてしまう。

ダブルバングにすることでアシンメトリーな小顔効果。長さの違う前髪をつくることで、下ろすことはもちろん、そのまま斜めに流すことも、さらには逆サイドに分け目を変えて長めの前髪にすることも可能。アレンジしやすい前髪なので、前髪をつくるのが不安な人や、気分によって前髪を変えたい人におすすめ。